前へ
次へ

朝食を食べて1日をスタートしよう

食事をとる上で一番大事なのが朝食と言われています。なぜかというと、1日のスタートダッシュを切るために、必要な栄養素を補給しなければいけないからです。就寝から起床までは非常に間隔が空きますので、朝に摂取しておかないと空腹のまま学校や仕事が始まることになります。夜に摂取した栄養素を蓄えることはできませんので、朝必要な分だけ補給をしないといいスタートダッシュを切ることができなくなります。スタートダッシュが切れないならば、イライラしたり集中力が無くなったりするはずです。朝に必要な分だけ食事を補給している人とでは仕事や学校での効率が全然違います。生活のリズムがいい人であれば朝に当然食事を取りたくなるはずですので、そこで摂取することになりますが、生活のリズムが乱れている人はもしかすると朝に取りたくないと思うかもしれません。その場合であっても少量でも摂取することをおすすめします。少量でもとっておくことで、朝の活動がしやすくなるはずです。

Page Top