前へ
次へ

家庭でも手軽に食べたい絶品ハンバーグ

レストランでは肉汁の出るような本格的なハンバーグを出してくれますが、コツさえ押さえて調理をすれば家庭でも、絶品のハンバーグを食べることができます。ひき肉を使ったタネ作りをする際には、粘りが生地に出るまでよく練ることです。ひき肉同士をよく練ることで密着をさせることができるため、中にしっかりと肉実が包み込まれることになります。焼いた際にハンバーグが割れることがありますが、これは空気がタネの中に入ってしまうためです。すると筒m込んだ肉汁も、焼いている間に流れてしまいます。割れて肉汁を逃がさないように、両手を使いタネをたたいて空気を抜くようにします。火を中心部分にまで浸透しやすくさせるために、ハンバーグの生地は真ん中にくぼみをつけるのもコツです。加熱の手順は中火で3分間ほど、その後に裏面にして蒸し焼きで3分間、さらにひっくり返してから3分ほど強火で加熱をします。竹串を使用して軽く刺したときに、肉汁があふれ出るようならちょうどよい、食べごろの焼き上がりです。

Page Top